パールピアス

アコヤ本真珠について

サイズ

アコヤ真珠は通常3.5mm〜9.5mmと幅広くあります。
当社では、7mm〜9.5mmサイズをお勧めしています。若い方(10代・20代)には小さいサイズのパールも可愛らしくお似合いになると思いますが、宝石として身に着けるにはフォーマル感や存在感を重視し、大きすぎず、小さすぎず、どのような場面や用途にも対応できるサイズに絞ってご提供しています。
30代〜80代の方に体型を加味したサイズラインナップにすることで、お客様の信頼をいただいております。

パールの色はお顔うつりが良く見える色を選びましょう。 アコヤ真珠と聞くと、ホワイト系のお色目をイメージされる方がほとんどだと思いますが、一口にホワイト系と言っても様々なお色目があります。
アコヤ真珠で人気のあるお色目はホワイトピンク系ですが、当社ではホワイトピンク系色でも濃いピンクとメタリックピンクの2種類をご用意しています。
濃いピンクはホワイトピンク系色のなかでもさらにピンクを強く感じさせる華やかなお色目です。
メタリックピンクは少し青みのかかったお色目で、重厚感を感じさせ、テリ(光沢)のある真珠ではよりメタリックに見えます。
お色目はお好みにもよりますが、お洋服などでピンク系の方がお似合いになる方は濃いピンク、ブルーやダーク系のお洋服が多い方はメタリックピンクがおすすめです。

また、一般的に若い方は華やかさの強い濃いピンクを選ぶ傾向があり、逆に年配の方は落ち着いたメタリックピンクを好まれる傾向があります。

テリ(光沢)

真珠を選ぶ時に重要なのがテリ(光沢)です。

テリとは真珠の輝き、光沢のことを言います。真珠のテリは、その真珠が持っている干渉色と関係し、この要素は真珠という宝石独特のものです。

テリが良いほど遠くからみてもパールが美しく見え、パールはこのテリで見た目の印象がまったく違ってきます。 テリが強ければ着用した時にキズより目立ちにくくなりますので、ご予算内でお探しの場合はキズよりもテリを重視してお選びいただくことをおすすめします

キズ

キズには真珠の真珠層を形成する過程でできたくぼみや突起などの天然のキズと、浜揚げ(真珠の採取)後の製品化プロセスでついてしまった加工キズがあります。

当社では肉眼にてキズが無いものを選定し、入荷しています。

関連記事

TOP