疫病退散 厄除け アマビエのお守り

アマビエとは

アマビエは日本に伝わる妖怪です。海中から光を輝かせるなどの現象を起こし、豊作や疫病などに関する予言をしたと伝えられています。
同種と考えられる存在にアマビコやアリエなどがあります。

厄除け アマビエのお守りは当店にて販売しています。

厄除け アマビエのお守り
江戸時代後期の弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)に刊行された木版画。京都大学所有、京都大学附属図書館収蔵。

アマビエは、江戸時代後期に製作されたとみられる瓦版に類する刷り物に、絵と文とが記されています。
1846年5月(弘化3年4月、江戸時代後期)肥後国(現・熊本県)の海に、夜ごとに光り物が起こったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して、
「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」
と、予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされます。

厄除け アマビエのお守り

水木しげる先生とアマビエ

漫画家・水木しげる先生は、妖怪図鑑のための一枚絵としてアマビエを描いています。
この絵は、「水木しげるの続・妖怪事典」(1984年)のために描かれたもので、その後も「日本妖怪大全」「妖鬼化」など、水木先生による各種妖怪図鑑にも収録されてます。

水木プロダクションのTwitterより


水面から半身を出した姿で描かれており、アマビエに腕を描き込んでいるのが特徴。水木しげる先生は、西洋では海の生物には全て予知能力があり、海から人魚が予言を告げる伝承も珍しくないことから、アマビエを西洋の人魚に近いものであろうという解釈を著書で述べています。しかし、西洋の人魚の予言の多くは不運の前兆のみである一方で、アマビエは予言のみならず疫病を治すことについても言及している点が、大きく異なるとも述べています。

島根県隠岐の島に記念像があります!(水木プロダクションTwitterより)

2022年に身に着けたいお守り アマビエ

TwitterなどSNS上で賑わいを見せているアマビエは、新型コロナウィルスの感染対策のお守りとして人気があります。
感染症がまだ収まらない中、身に着けてみてはいかがでしょうか?

厄除け アマビエのお守り

       

おすすめの関連商品

TOP