10月誕生石 オパール

オパールは、真珠のような光沢をもつ半透明の酸化鉱物の一種で、和名を蛋白石と言います。
10月の誕生石の一つでもあるオパールの名前は、「色の変化を見る」という意味のギリシャ語から由来するものと言われています。この色の変化、「プレイ・オブ・カラー(遊色効果)」が世界で愛される宝石オパールの所以です。 そして、いろいろな角度に傾けるたび、浮かび上がる多彩な色が独特の模様を表します。

10月誕生石 オパール

オパールという宝石は、七色の游色効果が有るか無いかで「プレシャス・オパール」と「コモン・オパール」に大別されます

七色の游色効果をもつ「プレシャス・オパール」

オパールの価値は、遊色効果がどのように見られるかと、その色であるといっても過言ではありません。また、オパールの種類によっても価値が異なります。 基本的には、オパールの価値は遊色効果の見え方に尽きます。 バランス良く遊色が見られ、そこに見られる色に暖色(赤やオレンジ等)が多いほど高く評価されます。

10月誕生石 オパール

プレシャスオパールの種類

プレシャスオパールは、地色がブラックからグレー色のブラックオパール、地色がホワイトから乳白色のホワイトオパール、半透明のものをライトオパール、透明で強い遊色効果を持つものをクリスタルオパール、堆積岩や鉄鉱石などの母岩がついているボルダーオパール、オレンジ色の炎のような色のメキシコオパール(ファイアーオパール)、水玉のような透明なウォーターオパールと、色や形状、遊色効果で種類が分けられます。

 ブラックオパール

バックグラウンドカラーは通常、半透明か不透明ですが、黒または濃いブルーのオパールは地色が濃いため遊色効果が鮮明に表れ、多彩な色の変化は他の宝石と異なり人々の目をくぎ付けにします。オパールの中でもブラックオパールは意外と歴史の浅いのですが、最も希少価値があり、日本では赤い「斑(ふ)」が入ったものに人気があり希少とされています。

 ホワイトオパール

オパールの中でも産出量も多く一般的なオパールです。その特徴は地色が、白色や滑らかな乳白色、中間的なグレーをしています。ホワイトオパールから浮かび上がる遊色効果は他のものと異なり、柔らかなやさしい風合いを感じさせてくれるもので、普段使いから公式の場まで幅広く使用できます。オーストラリアが主産地。

 ライトオパール

地色が半透明または不透明なオパールです。半透明のオパールの遊色効果は、美しい紫色を示すものが多く、不透明のライトオパールはブラックオパールに匹敵する孔雀色の遊色があらわれます。とても同じ分類にあると思えない程に、現れる光彩が異なります。

 クリスタルオパール

基本的に、透明に近いものの評価が高くなりますので、地色が無色または透明度が高いクリスタルオパールは人気です。クリスタルガラスのような透明度の美しさと、強い、鮮やかな青や緑の遊色効果を持つ「クリスタルオパール」はとても希少性が高く、魅了される美しい宝石です。

 ボルダーオパール

ボルダーオパールはオーストラリアで採掘されるオパールです。渇鉄鉱の母岩の中に付着している薄いオパール層を母岩と一緒に研磨された母岩付きオパールを「ボルダーオパール」と呼びます。母岩がついているため地色が濃く、そのため最上級のブラックオパールなような鮮やかな遊色効果を放ちます。
薄いオパール層をできるだけ大きく生かして研磨するため、変形カットを施します。とても個性的でかつ同じものができない希少性から、根強い人気があります。

10月誕生石 オパール

ボルダーオパール、ブラックオパールは、赤やオレンジの暖色系の遊色効果があり広範囲に至るものが、最も高価で取引されます。
また、色の現れ方も様々で、カメラのフラッシュのような「フラッシュパターン」や、猫の目の形に見えるパターンなど、数多くのパターンがあります。
その次に価値がある色は青や紫の寒色系のものです。
呼称としては「ピーコックブラック」「ハーレクイン」などが有名です。

 メキシコオパール

メキシコで採れるオパールの総称でもありますが、メキシコオパールというと、地色が赤や黄色やオレンジ、褐色(ブラウンカラー)系で遊色効果のあるオパールを指すことが多いようです。
透明度が高いことが最大の特色で、青系が「ウォーターオパール」、オレンジ系を「ファイアーオパール」と呼んでいます。
遊色効果(プレイ・オブ・カラー)が最大の効果が特徴で、鮮やかな虹色が美しく浮かび上がるオパールが高い評価を得ますが、メキシコオパールの特徴でもある地色(赤・黄色・オレンジ・ブラウン)も独特で、「地色+遊色」を掛け合わせると日本では赤色の遊色が好まれますが、アメリカでは青色の遊色が好まれます。
オパールは結晶の品質以外は、絶対的評価ができないため、とても嗜好の強い宝石なのではないでしょうか。

 ウォーターオパール

メキシコオパールの中で稀に産出されることがある地色が無色透明のオパールです。昔から「白メキ」と呼ばれ高く評価されてきました。水の中に浮かび上がるような遊色効果が美しく、水をイメージさせることから「ウォーターオパール」という名称で区別され愛されてきました。

 ファイアーオパール

メキシコオパールの「ファイアーオパール」という分類ではなく、産地等も関係の無い、ただ赤やオレンジ系統のものの呼称です。

 カンテラ

母岩と共に研磨されたプレシャスオパールです。オレンジ系が多く、多くはアイオライトの母岩と共に研磨され製品化されています。


ローマ時代から「幸運を招く宝石」として女王や貴族に愛されてきたオパールは、「純真無垢」「忍耐」「歓喜」「希望」などの象徴石とされています。また身に着ける人のまだ見ぬ才能を開花させるパワーがあると信じられてきました。

オパールのパワー

オパールは10月の誕生石のひとつです。

ローマ時代から「幸運を招く宝石」として女王や貴族に愛されてきたオパールは、「純真無垢」「忍耐」「歓喜」「希望」などの象徴石とされています。また身に着ける人のまだ見ぬ才能を開花させるパワーがあると信じられています。

「幸運の石」としても知られているオパールは、非常に明るいエネルギーを持ったパワーストーンです。

関連記事

TOP