3月誕生石 サンゴ(珊瑚)

宝石で扱うサンゴは宝石サンゴと呼ばれ、紅色から白色まで多色で、主に宝飾品等に加工されるサンゴを指します。
海の中でサンゴ礁を形成する「造礁サンゴ」とは、まったくの別物となります。

宝石珊瑚

・宝石珊瑚の特長
主に深海(水深100m以上)に生息する硬質の珊瑚で、宝石珊瑚が含まれます。
宝石珊瑚が属する八放珊瑚は、ポリプ(珊瑚虫)の触手が8本に分かれ、多くは太陽の光が届かない深く冷たい海の底でひっそりと生息しています。数百ミクロン程度までの微小な浮遊物などを捕食して、ゆっくりと成長して行きます。その骨格はとても硬く(モース硬度3.5で人の歯と同等)磨くと美しい光沢を放ち、太古の時代から洋の東西を問わず宝飾品として愛されてきました。

・宝石珊瑚の成長過程
太陽の光の届かない深い海の底で、長い年月をかけてゆっくりと成長して行きます。これを生木(せいき)と呼びます。宝石珊瑚は広大で複雑な海底地形の所々に、疎らに点在しています。
やがて成長が止まった個体は徐々に海中の微生物によって侵食され(これを枯れ木と呼びます)、 最後には分解されて消滅します。

・宝石珊瑚の人との関わり
古来より愛されてきた海の神秘宝石珊瑚は、古くから真珠と並ぶ海の宝石として人々に愛されて来ました。ドイツの旧石器時代(約2万5千年前)の遺跡から珊瑚の玉が発掘され、古代ローマ人も子供の健やかな成長を祈って揺り籠に添え、また兵士たちは護符として身に付けて戦場に赴きました。遥々とシルクロードを辿って日本にもたらされた地中海の珊瑚は、奈良・正倉院の御物として今に伝えられています。

キリスト教や仏教だけではなく、イスラム教やヒンズー教においても、宝石珊瑚は装飾素材を超える重要な意味を与えられて来ました。 それ以外にも中国やインドでは医薬品として、またカルシウムが不足する土地では補給食品として珍重されたようです。
宝石珊瑚は3月の誕生石であり、特に女性の人生のドラマに寄り添って輝くジュエリーとされています。

3月誕生石 サンゴ(珊瑚)

増殖珊瑚

・造礁珊瑚の特長
ポリプ(珊瑚虫)の触手が6本かその倍数に分かれ、いわゆる「珊瑚礁」を形成するテーブル珊瑚、すり鉢珊瑚、石珊瑚等数百種類とイソギンチャク類が含まれます。六放珊瑚は体内に共生する褐虫藻という植物が光合成を行うので太陽の光を必要とし、熱帯や亜熱帯の浅く(水深50mまで)暖かい(20℃以上)海岸で、多様な生き物たちに生息環境を提供しています。骨格は小さな穴が開いた軽石状で非常に脆く宝飾品には適しません。

・造礁珊瑚の成長過程
太陽の光が射し込む浅く暖かい海岸で、1年間で10センチ近く成長する種類もあり、密集してサンゴ礁を形成します。体内の褐虫藻が二酸化炭素を吸収し、ポリプ(サンゴ虫)がプランクトンを捕食するなど、海の環境や生態系に深く結び付いています。サンゴ礁は魚たちの生息場所となり、海の森とも呼ばれます。

・造礁珊瑚の人との関わり
海の生き物と人への大いなる恵み造礁サンゴは成長が速く、活発な生命活動によって分厚い石灰質の層が出来、サンゴ自体は更に上へ沖へと伸張して行きます。
また、破損・倒壊したサンゴは浜辺に打ち上げられ、貝などの生き物の死骸と共に堆積して白い砂浜を作り出します。こうして形成されたサンゴ礁(リーフ)は、天然の防波堤となって波の浸食を防ぎ、内側の穏やかなエリアでは多種多様な生き物たちが生息し、それを捕食する大型の魚 も集まって来ます。
サンゴ礁の豊かな生態圏は人間の生活と密接に関わっていますが、最近はスキューバダイビングなどのマリンレジャーを楽しむ人々も多くなっています。また採取が禁止され、国際的に保護されています。

3月誕生石 サンゴ(珊瑚)

※日本珊瑚商工協同組合より引用 https://www.japan-coral.net/about/

3月誕生石 サンゴ(珊瑚)

全国、世界の高級珊瑚原木は高知に集結
地球上で珊瑚が発見された旧石器時代からローマ時代を経て長い間、宝石珊瑚の中心地は地中海でした。
しかし19世紀、土佐湾で極めて美しい宝石珊瑚が発見されて以来、日本は珊瑚産地に加わりました。明治になると、見事な原木を求めて、宝石珊瑚の本場イタリアのバイヤーが高知県に直接買い付けに来るようになりました。以後、高知県が世界の珊瑚産業の中心地となりました。
ヨーロッパのバイヤーは血赤珊瑚のことを「トサ」と呼び、高知県で生産される宝石珊瑚は「土佐珊瑚」と別格視されています。またイタリア産カメオの原木は日本(高知)より供給されています。
※高知まるごとネットより https://kochi-marugoto.com/goods/cg8/265/

地中海
イタリアや、スペイン、ギリシャなどの地中海沿岸部で採れる地中海産は赤い珊瑚が主流です。日本で採れる赤珊瑚と区別して、紅珊瑚と呼ばれることが一般的です。珊瑚の中では高グレードに位置づけられていますが、大きいものがあまり産出されないため、ジュエリーではなくビーズなどの装飾品で用いられることもしばしばです。
水深50m〜200mほどの海域に生育しているため、日本産と比べれば浅瀬にいると言えます。

北太平洋
北太平洋に位置するハワイ・ミッドウェー島沖でも採取が確認されています。
白珊瑚と呼ばれる、淡いピンクやベージュ色をしたものがよく見られます。ミッドウェー海域で採れたものは、「ミッド珊瑚」と言った呼び方をします。水深100m〜400mと深い場所に生育しているため、引き揚げ作業が必要となります。

いずれの場所にせよ、豊富に産出される資源というわけではありません。前述の通り珊瑚は生育海域が限られ、かつ成長スピードは遅く一年で1〜0cm程度にしか育たないと言われています。一方でインドや中国を中心として宝飾品需要の高まりにつれて、乱獲や密猟問題が浮き彫りになってきました。
そのため現在では、宝石珊瑚と呼ばれるアカサンゴ、モモイロサンゴ、シロサンゴ、ミッドサンゴの四種はワシントン条約によって保護対象と明記され、国際輸出の際は輸出許可書や原産地証明書等が必要になっています。
この規制は年々厳格になってきており、限りある資源・珊瑚を守るための取り組みが世界各地でなされています。 日本でも、珊瑚の保護は課題です。
現在、東京都、高知県、沖縄県など、行政から許可を受けた漁船のみが、年間5トン程度の珊瑚漁を行っている状態です。
しかしながら各都県の行政に一任されている側面があり、国内の統一ルールはなく、禁漁期間や区間は設けられているものの、外国漁船の密猟対策はまだ十分とは言えず、種々の問題を抱えています。

珊瑚(サンゴ)

サンゴのパワー

おとぎ話にも「金銀珊瑚綾錦」とうたわれるように、珊瑚は、とても古くから貴重な宝物として大切にされてきました。仏教における七宝のうちの1つでもあり、日本だけでなく世界中で愛される宝です。富と繁栄を象徴し、珊瑚を持つと、その家が代々栄えると言われていたほど。商売運や金運だけでなく、良縁や子宝に恵まれ、家族が豊かになると伝えられています。

古くから珊瑚は、航海や旅の無事を願って身につけられていました。災いを退け、危険を回避し、持つ人に幸運をもたらすと伝えられています。大いなる浄化のパワーを持つ海のように、マイナスエネルギーを中和し、周囲や自分自身の悪感情から守ってくれるでしょう。女性の厄除けとして、指輪や数珠などに加工されることも多いようです。

関連記事

TOP