カルセドニー

ジュエリーから生まれたルースストーン。宝石の美しさはそのままに、 すべて天然石。

カルセドニーは、メノウ(アゲート)と呼ばれる水晶系の宝石です。
宝石が持つ色合いによって分類され、鮮やかなオレンジがカーネリアン、翡翠のようなグリーンがクリソプレーズ、爽やかな海の色がシーカラーカルセドニーと呼ばれています。
また、希少性が高く、人気があるストーンがパープルカラーのカルセドニーです。

カルセドニー

カルセドニーは和名を「玉髄(ぎょくずい)」といいます。

カルセドニーは前述した通り、様々な色を持ちあわせています。
その中でも、個性的な色を放つものは特に綺麗で、別名称の石として扱われています。
特に有名なものは、濃い赤色から褐色の「カーネリアン」、発色の良いアップルグリーンの「クリソプレーズ」でしょう。

カルセドニーは、水晶と同じ石英グループの一種で、同じ仲間に「アゲート」「ジャスパー」などがあります。これらの石は成分がとても似ており、同様の色合いなどを持つことから区別が難しい場合もあります。一般的には下記のように分けることができます。

・透明感が有り模様がなく均一のカラーを持つものが「カルセドニー」
・縞模様をはじめとする様々な模様が出ているものが「アゲート」
・石に含まれる成分により不透明になったものが「ジャスパー」
とされています。

カルセドニー

カルセドニーのパワー

カルセドニーには「共有、集合」の意味が込められています。

この「共有、集合」は、他人との絆を深め、コミュニケーションを深めることで時間や情報を共有したり人間関係を良好にしてくれると言われています。そのために、コミュニケーション能力も高めてくれるとも言われます。

また良縁をサポートするとも言われ、新しい出会いを求める方、婚活中の方にもぴったりのパワーストーンです。

       

おすすめの関連商品

TOP